ことのえ|KOTOE ABE

秋田県鹿角市やオンラインでヨガクラスを開講しています。心身の健康や毎日に役立つツールとしてヨガを伝えたいと思っています。

MENU

地域のこと/鹿角の紹介


生まれ育った秋田県鹿角市の実家にUターンして丸9年です。(そんなに経つのか・・)

以前の家業が外からのお客さんを受け入れる仕事(宿泊業)
だったこともあり、
地域を知ってもらうということも、仕事の一つと思い取り組んでいました。


まあ単純に好きなんだとは思いますが、

 

危機感と衝動も携えながら、


この9年、
「地域」を考える
ということは、


息をするのと同じくらい
毎日の中にあったように思います。

 


熱量を持って「地域」というものに取り組む方々も大勢いらっしゃいます。

それはこの場所だけではなく、日本全国どこでもです。

 

「地域」に対するエネルギーってなんなんだろう?と思ったりもします。

やっぱり「住む場所」だから
よりよくしたいという気持ちなのでしょうか。

未来に繋がないといけないという思いなのでしょうか。




私は、

地域の魅力の底上げが、自分の仕事にもつながるし、
個の底上げが、地域の魅力につながるし、
と仕事上、切実に思う部分も強くあって(宿泊・観光業だったので)

特に今より若かった頃は結構力みがちに、地域について考え、
とにかくやらなきゃ!という衝動に駆られていた時期もありました。
(そしてショートしていた笑)


結果地域について、発信する、ということが(その方法や形は様々)習慣となっていったのですが、


地域の好きなところや感動したことを発信したいという欲求は

もともと結構強いようで(家業のことが頭にあったからだとは思いますが)


思い返すと、全国版地域メディアで記事を書いたり、地域発信のSNSとか作ったり、
イベントやったり、集まりつくったり、結果や規模の大きさはともかくいろいろやったな・・・と思います。



今も、「ことのえ」という事業の中で、
私を通して、私の住む地域の奥行きも見えたらいいな、

という思いを持って取り組んでいます。
私を通して、この地域を知らない人も、ここに来てみたいと思ってくれたら嬉しいな〜と。(温泉やってた時の感覚と同じ、延長上にあります)

 

 

ヨガだけでもなくて

ご飯だけでもなくて

これまでも、おそらく何よりも考え取り組んできた

地域のこと

全部ひっくるめて「私」だからです。

 


私はUターン前も引っ越し、転職は多めでしたが、

Uターン後も学びと称し様々な土地へ出かけたり、

閑散期に短期の住み込みでバイトに出かけたりと、

これまで経験した住まいにした土地と職場の数は少なくはない方だと思います。

 

その中でもやっぱり行く先々で常に「地域とは」みたいな視点でその土地の風土を見ていました。地域について沢山考え、行動している人に出会ったりして、刺激をもらったり。

特に「宿」をめぐる旅では地域との関わりの強い職種であったので、そんな人たちに出会うことがとても多かった。

そうした熱をうむ、「地域」って一体なんなんですかね?


私自身の私なりの熱の中で、

どうにかしたい衝動で作った自作の地元の取り組み紹介サイトみたいなのもあるのですが、

紹介したい!と衝動に駆られることは山ほどあるけど、
今は手が回らず・・
しかし、明日人生終わるかもしれないし、、
ということで、
ここにざっくりとですが
私が面白いと思う

私の「地域」鹿角のこと。紹介してしまおうと思います。

鹿角は地元が好き、元気にしたいというピュアなエネルギーでアクションする人が多いので、
たとえいびつでも不恰好でも、すごく熱くてエネルギッシュなところだと私は思っています。
それが一番面白いところだなあと思う。

 

 

ではでは、以下、

興味があればご覧ください〜

 

写真は無いわけでは無いのですが、
今回はそこまで作り込めないので文字だけで失礼します。


読もうと思ったモノ好きな方はぜひ想像しながら、

興味を持ったら調べながらご覧ください。


紹介文は私の視点によるものですので、

偏見もあるかもしれません。
真っ当にみたいという方はその目で確かめにきてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

秋田県鹿角(かづの)市の概要


人口 28,887人
(みるたび着々と減っている。Uターンした時は34,000人、高校卒業した時は37,000人)

 

秋田の右上

青森・岩手に接する県境・北東北の「へそ」とも。



南部藩だった背景もあり、県内他の市町村の人にもよく「鹿角は独特」と言われる。
人の気質もちょっと違うかも?


秋田の中では端っこだけど資源(鉱山とか)が豊富だったので

人の往来も多かった歴史もある。

50年前に鹿角郡の花輪町、十和田町、尾去沢町、八幡平村が合併して誕生。
(今年市政50周年らしいがこの4地区のカラーの違いはいまだに感じられる。

 全然違う。から面白い。)

 


資源 
(いろいろあるよ!色々ありすぎて鹿角はこれ!と推せないから伝わりづらいという難あり)

 

農作物・畜産 食料自給率は100%は超えている

穀物・・米 そば作りにも最近力をいれている

果物・・りんご・北限の桃・いちごなど
野菜・・きゅうり・枝豆・ねぎ・他 

花卉・・ユリ・トルコキキョウ・啓翁桜 など

畜産・・かづの牛(稀少な放牧で育てられた短角牛。おいしい)

    八幡平ポーク(地元では生活に馴染む豚肉)

    比内地鶏

    乳牛・黒毛和牛農家さんもいます



再生可能エネルギー 

 水力 風力 地熱  / エネルギー自給率 380%

温泉 八幡平温泉郷(私の元ホーム) 大湯温泉郷  湯瀬温泉郷 
   泉質みんな違う!! 温泉郷のカラーも全然違う!!地球の力!奥羽山脈の恩恵!!!


自然 十和田八幡平国立公園

感じているこの自然のパワーの恩恵は普段から発信している通りです。

 

 

祭り・芸能(ユネスコ登録の文化財多いよ)
各地区に多数の伝承の行事や祭があるのですが私の住む集落にはないので羨ましくも思う。


花輪ばやし(花輪祭の屋台行事)

ユネスコ世界無形文化遺産/国重要無形民俗文化財

花輪地区の10町内で8月19・20日に行われる夜通し行われる激アツな神事。お盆ではなくこの日に帰省するという人も多く、人口が一時的に増える。花輪の人は血が祭りでできているのではと思われる人も多い。今年は3年ぶりに開催決定。花輪のまちでは練習もはじまりましたね。

大日堂舞楽
ユネスコ世界無形文化遺産/国重要無形民俗文化財

1300年の歴史を持つ、八幡平地区の中の4集落により大日霊貴神社(おおひるめむちじんじゃ)に奉納される舞楽。1月2日に行われる。この奉納を行う人は奉納前は厳しい精進潔斎をして臨む。伝承している地区の人の誇りや態度を見ていると、すばらしく神聖な行事。
そうした行事があることを羨ましくも思う。


毛馬内の盆踊り

(国指定重要無形文化財
写真で切り取られた踊り手さんを見るだけでも指先まで優雅で情緒が感じられる秋田3大盆踊りの一つ。十和田毛馬内地区で行われる。8月21-23日開催。私はなかなか見に行けず、2回ほどしか見たことがないけれど、この地域の方々の思いとか、幅広い世代が同じものに取り組んでいる様子はグッとくる。


さらに書ききれない行事がたくさん



文化・歴史

尾去沢鉱山(現在は史跡尾去沢鉱山という観光施設に)

1300年の歴史ある鉱山。かつては国内最大級を誇ったという銅鉱脈。昭和の終わり頃に閉山。
鉱山により、町は栄えていた。

そのエネルギーの名残はベテランのスナックのママや商店主さんなどから感じることも。

 

大湯環状列石

十和田大湯地区の縄文遺跡。ストーンサークルとも呼ばれる。

2021年世界遺産登録。国特別史跡

感じる人は感じるらしいパワースポット。クロマンタ(黒又山)というピラミッドとも称される山が近くにあり、UFOをみたことがあるという人が大湯にはちらほらいらっしゃるらしい。私は見たことない(多分)


書ききれないのであとはこちら

 

 


スポーツ

スキー・駅伝のまち

スキー場が市内に3つある。

花輪スキー場はジャンプ台も備え、クロカン・アルペン・ジャンプ全てを1会場で行うことができるスキー場として中高大各種全国大会・国体がよく行われている。

市職員の方をはじめとした大会運営者のみなさまには頭が下がる思い。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー


勝手に紹介したい人たち・取り組み

NPO法人かづのclassy
鹿角の地域おこし協力隊は「移住コンシェルジュ」という位置付けでIUJターンの窓口を担う。

かづのClassyは主にそのOB/OGで構成され移住者や関係人口のサポート等を行っている。

管理運営するkemakemaは行くたびに手が加えられ、
地域の憩いの場として躍進中。(この前キッズヨガをさせていただいたところ。)

移住者もこの仕組みにより増えていて、こうしたコミュニティがあることの良さも感じられる。(関わるかは自由だしね。)
私としては市外から来た人と話すのは好きなのでいろんな方との交流楽しいです。
鹿角への移住を考えている人は尋ねてみるといいと思います!

鹿角市移住定住支援サイト『鹿角暮らし』

 

 

鹿角市立図書館

リスペクトな図書館。取り組みがとにかく素晴らしい。お金がなくても楽しいは作れる。ということが感じられる。クリエイティブな企画展示多数。素晴らしい〜。

 

子育て支援・福祉

これについては比較対象が私はないのでわかりませんが、各種団体の職員の方々を見ていると素晴らしいなあ〜と思う。

 

大町商店街振興組合(ハミングカード)

商店街のポイントカードはよくある物だと思いますが、
こちらの商店街のカードはその範囲を超え、市内各地に加盟店シェア・利用者シェア拡大中。
1ポイント1円で買い物ができ、

さらに、地域に還元されないキャッシュレス制度に疑問をもち、ハミングカードをプリペイド式キャッシュレス対応までさせてしまったすごい組合。

 

 

MAKIKORI
皆んなの薪をみんなで集める団体。

説明するのが難しいけどわたしも楽しく活動に混ぜてもらってます。

木に触れるって楽しいし嬉しい。

エネルギーあふれるユニークな人揃いなの(強調)でその関わりもとてもたのしい。

 

鹿角きりたんぽFM

鹿角のコミュニティエフエム
市民の力で各種番組が作られていて、

毎日更新される地域のニュースはもはや鹿角のインフラに。

 

八幡平ビジターセンター

濃〜い職員の方々で構成されている八幡平の自然発信・自然環境整備を行う施設

仕事柄大変お世話になっているが、全国各地の山を巡る人も絶賛するほど、

企画・展示は創意工夫にあふれている。

 


鹿角市山岳会

登山道整備、コースつけ、、、

体力も時間も費やされる作業、山への愛が源なのでしょうか。
尊敬する人たちの集まり。

 


各種サークル・スポーツ団体
社会人や有志のサークル、スポーツチームが多い気がする・・
この人口において花輪地区だけで活動するサークル一覧表が70サークル近くあっておどろき。他地区にもあるのだから可視化したらどんだけになるのだろう・・と思ったりする。
地域の公共施設が活用され、毎日どこかで誰かが何かをしている。


地域のために何かしたいと思う人たち。自分達が楽しんでいる人たち。
みんな純粋で熱い。

しごとーーい鹿角

ケマカツ 

ロケーションかづの 

kazunogram

kagayaku

courron marche

鹿角紫根染茜染研究会
商工会青年部

昔語りの会

自治会もアツい所もある。

やたらスポーツ行事に強く熱い集落の青年会とか。

農家さんも!新規就農し取り組む若い世代も増えてきている。

 

私の知りうる範囲はこれくらいだけど
もっともっと色々あるのでしょう。

 


この頃は起業する人も増えてきたように見えて、新しいお店も生まれて、

面白みが増してきた気がします。


最初に書いた通り、
鹿角は地元が好き、元気にしたいというピュアなエネルギーでアクションする人が多いので、たとえいびつでも不恰好でも、すごく熱くてエネルギッシュなところだと私は思っています。

その純粋さが、強さでもあり面白さでもある。

 私はこれまでいろんなところに行ったけど、いろんな面でのエネルギーの強さは
人口の割には結構〜〜強い!と思う。

 

おいでよ鹿角。

旅行先、移住先へどうぞ〜〜。

 

鹿角が舞台の映像

https://vimeo.com/210902032