ことのえ|KOTOE ABE

秋田県鹿角市|姿勢・呼吸・心を整える【ヨガ】と体を作る【食べること】で心と体を整えることを伝える活動をしています。

MENU

夏の体調管理〜運動と食の観点から〜

 

北東北はまだ梅雨が開けず
雨が続いています。
同じ市内でも局地的に土砂降りになったり
極端なお天気も増えてきました。
このところは30度を超えるような日はありませんが、
北国といえど年々気温も上がってきていると感じます。

 

湿度も高いですね。


私の部屋はコルクマットを敷いていますが、湿気を吸って浮き上がってきています。




そんな落ち着かない気候の今の季節ですが
皆さん体調はいかがでしょうか?

 

私的には夏は体調管理

最難な季節と思っています。

6月ごろから開催しているクラスでもよくお伝えしておりますが、

夏という季節において体が受ける影響を、

運動と食の観点からざっくりとご紹介したいと思います。




水分を溜め込む季節

冒頭でも書いた通り、

そして皆さんも身をもって体感している通り、
湿度が高いですね。


梅雨はいつあけるのか・・このまま秋に突入するのか・・
(鹿角では「お盆と花輪ばやしが過ぎれば寒くなって秋が来てあっという間に冬がくる」、、というのが皆さんの口癖になるほどの通説)



私の部屋のコルクマットや洗濯物のように湿気を含み、

そしてその湿気が抜けにくい季節ですが、
それは人間の体も同じようです。

水を溜め込んでしまうということはむくみや冷えなどにつながっていきます。
だるさや重さを感じる時は

運動をして汗をかいたり、
お風呂やサウナで汗をかき
水分を出す。
ということが有効なようです。


水を飲まない、ということではなく、水分をとって、それをちゃんと循環させる。
というのが大切なのだと思います。



また、食の観点で言うと、

お砂糖は保湿効果があります。
(お餅を作るときも砂糖を入れると日にちがたっても柔らかいのはそのため)

摂取すると体にの中でも水を溜め込みやすく(むくみ)、内臓を冷やし、取り過ぎは内臓や血管へ負担がかかります。

私は甘いものを食べすぎるとてきめんに体調に出てくるのを実感しています。
(背中が重苦しい(膵臓・腎臓など内臓への負担)、むくみ、だるさなど)

健康のために減塩が謳われますが、塩分というのは体には必要なもの。地球の生命は海から生まれていますし、生理食塩水というものもありますが、体には塩分があるということです。
現代の食事情は塩と共に砂糖をたっぷり使うものが増えていて、
砂糖の特性を踏まえても私は塩よりも砂糖に注意が必要なのではというのが実感としてもあります。

(疲れた時に天日塩や岩塩舐めると元気出ます。精製塩は要注意。先月計測の血管年齢19歳でした。※現在34歳)


糖質オフと言ってご飯を削る方も多いようですが、

炭水化物も必要な栄養素。消化の段階で体に必要な糖に分解されていきます。

糖そのもののの摂取は血糖値の上昇の面でも体への負荷がかかります。


ご飯は極端に減らさず主食以外のところで糖をどれだけ摂っているのかな?ということに注目してみると、

気がつくことも多いのでは?と思います。

 

(日本の稲作は縄文後期から既にされていたということですから、

数千年もの間米を主食として食べてきた体になっている日本人は米は食べたほうがいいんじゃないかな〜と私は思います。栄養や吸収の面では精米度数は低い方が良さそうです。)


(これはあくまで個人の例ですが、私は以前湯治宿を運営しており、療養や健康づくりの一環として来ていたお客様の中には、食事療法で体の内側から癌を治したという方も何人かいらしていて、お話を伺ってみるとその方達は皆共通して砂糖を摂らない、または制限したり黒糖などに変えるなどを実践されていました。)


こう書いてしまうと極端に実践する方もいらっしゃるかもしれませんが


厳格に断つと言うことではなく


程よく楽しみ、

自分の体を観察しながら

自分のほどほどを知ることが

体調管理の上で大事なのではないかと思います。



体力が奪われ・消化力が減退する季節



アーユルヴェーダの観点では
夏は最も太陽に体力を奪われる季節と言われています。


熱中症
夏バテ
夏風邪
夏の体調不良を見ても、


明るく、活気があるイメージの夏は
体には負担が多いということですね。


アーユルヴェーダでは基本昼寝は推奨されていませんが
「夏は昼寝してもいいよ」と言われています。

アーユルヴェーダ発祥のインドと日本はまた気候は違いますが、


その日その日の気候によっても変わる
自分の体力とも相談しながら、

休む時は休み、
先に紹介した「湿」の影響の部分も頭に入れつつ
運動できそうな時は運動して汗をかくなど
「こうしなきゃいけない」ということではなく
自分や外の環境を観察しながら判断していくというのも
この不安定な気候の時期は大事なのではないかと思います。

 

 


また、食の点では消化力が落ちます。


スタミナ料理=夏な感じですが


実は消化に負担が大きいのです。
あまりに暑いと食欲も減退するので実感している方も多いのではないでしょうか?



消化に負担が大きいものは
肉や揚げ物、脂の多いものなど

旬に採れるものは大体理にかなってその時期の体に合うものだったりしますので、
その地域で(その気候で)その時期に採れるものを食べるというのが

一番体に合うのではないかと思います。


土用の丑の日に食べる鰻も、脂がのり消化に負担はかかりますが、付け合わせの山椒。
初夏から秋にかけ採れる実山椒ですが、これは消化力を上げてくれます。
理にかなった食べ合わせの知恵だと感心します。

↑うちの山椒

 

こちらの点においても、自分の消化力、体力と相談しながら食事をするということが
体にとっては良いようです。



筋肉の保水力と熱中症


テレビなどでも紹介されていますが、筋肉の成分はほとんど水分

コロナで運動不足になり、
筋肉量が落ち
=保水力が落ち


今とても熱中症になりやすい傾向にあるそうです。
水分を摂るというのは冒頭にも書きましたが、筋肉量が少ないと感じる方は水分補給により配慮が必要かもしれません。





人間の体は機械ではありません。

生まれてから死ぬまで体の中はずっと働き続け、常にさまざまなことの影響をうけ変化しています。

なんでも便利に、壊れたら捨てたり交換したり、新しいものを入手することが

家でその場で動かなくても簡単にできちゃう世の中になっていますが、
人間の体は変えが効きません。


今回は夏の【傾向】としてお伝えしましたが、

こうした情報も情報だけを切り取り
自分をしっかり見ずに行ってしまうと

チグハグになってしまうことも。

体力も体調も生活習慣も人それぞれだし
日々周りの環境も変化します。

同じ日本でも隣の町でも、同じ市内でも天気も気温も変わります。

まずは自分をしっかり見て、

また、環境の状況にも目を向けて、


必要なケアをする意識を持つ。


ということがより大事な季節なのではないかと思います。






ーーーーーーーーーーーーーーーー




「ヨガをみんなの暮らしに身近に」

季節や状況、対象者を見ながらテーマを決め、お話も交えながらクラスを実施しています。

 

gohan-kokyu.hatenablog.com